ブドウ園

最高品質の商品を通して伝える当地の独自性

品種は、選りすぐりの種類だけ数を絞り分量も少なくして、ブドウ株の素質を集中的にはっきり引き立てるように表現します。年ごとに栽培上の要求事項や特殊性が変動しわずかな製造量でも特徴が微妙に違うので、そうした諸々をワインに余さず表現するためにブドウ園での作業は膨大です。

ヴェルメンティーノは、当園の辛口白ワインに使われる、唯一白のブドウ品種です。
逆に赤系は品種が豊富で、サンジョヴェーゼ、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、シラーのほか、プチ・ヴェルドーが少しとパッシート用にアレアティコとヴィオニエを用意しています。
当園のサンジョヴェーゼは、沿岸育ちならではのキャラクターを持ちます。この品種は、地域ではモンタルチーノやキャンティが特に世界的に名高い土地柄ですが、当園は海に近いため芯がしっかりしていて酸味が引き立ち、気品があり存在感が尾を引きます。
カベルネとメルローはすでに1900年代初期には当地でも順応して自生するようになっていて、特にこの界隈のワイナリー、サングイードの高級銘柄サッシカイアの強力な知名度にも支えられ、当園にもあるこのフランス原産の品種とトスカーナの土地の相性の良さは世界的にもよく知られるようになりました。私どもの企業目標は、あくまで当園独自の個性を伝えていくことで、わずかながらもここから離れたボルゲリの各社ともまた違うので競い合いにはなりません。
当園の土壌は、鉄鉱石と粘土質の大岩でできていて農業栽培は難しいのですが、逆にそれが他にない独自性の一表現であるという私どもの信念につながっています。
私たちが業務中いつも心がける目標は、最高品質の商品作りだけではありません。それ以上に当地の独創的なアイデンティティを伝えていくこと、オーガニックという要素を個性の模索のための一助とし、プロとしてお客様には当地を反映させたグラス一杯の情熱をご堪能いただくことです。